• rkurrg

卒業生からのコメント④若林沙加

題名 【自分の可能性を信じてあげよう!】 卒業年度 平成25年度(2014年3月) 学部 スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 名前 若林沙加 出身県千葉県(COSMOS) 現在の職業 地域おこし協力隊 コメント こんにちは。 RRG3期卒業生の若林です。 今日は、私の実体験をお話しさせていただくことで、進路に迷っている方々の何かヒントになれれば、と思いお話しさせていただきます。 実は私、高校卒業と同時に新体操は引退するつもりでおりました。附属高校からの大学入学でしたが、大学入学時にも新体操を続けるつもりはありませんでした。しかし、自身の中に何かやり切れていない部分があったのでしょうか…。新体操部の様子がなんとなく気になってしまう自分がいたり…新しく始動しているRRGが凄く新しい形に見えて、『大学新体操ってこうなんだろうなぁ』なんて勝手にイメージしていたものを覆されたようでした。そして、正直少し迷いがある中でも、入部を勧めてくれた監督、受け入れてくれた仲間たちに恵まれ、部活動生活が始まったのです。 そんなスタートでしたが、振り返れば新体操を続けてよかった、続ける場所がRRGで本当に良かったと、ここで学べたことを誇りに思っています。 競技成績も無く、私なんかが大学で競技を続けていいものか、最初は不安もありました。しかし、その不安は必要ないものだと、活動しているうちに思えてきたのです。 自分の癖なども踏まえ、できないものの原因を考え、そこにアプローチし、できるように近付いていく。(そのできない原因が意外なところにあったりするのもまた面白い!)そんな繰り返しから、自分の可能性を信じていいんだ!と自信を持てるようになりました。 在学中は、中高の教員免許を取得し、卒業後は幼児体育の現場で、子供たちへ新体操の指導をしておりました。RRGで学ばせてもらったことで、指導の現場での子どもへの声かけも変わったように思います。例えば、『もっと開脚、開いて!もっと跳んで!』と注意するのではなく、その子に何が足りなくて、どんな筋力、どんな練習が必要なのかを考えて、伝えることができるようになりました。 *可能性を信じること *わくわくすることに取り組むこと これは今も私のライフスタイルの中に浸透し、日々の活動の中に生きています。 大学も様々な学部があり、各分野のエキスパートである教授に助言をいただくことができたり、様々な分野の友達もできますよ✴️ RRGの卒業生も30名を超えました。 RRGファミリーとして、出逢えることを楽しみにしています。

閲覧数:267回0件のコメント

最新記事

すべて表示

題名 【指導者としてのスタートライン】 卒業年度 平成27年度 2015年 学部 スポーツ健康科学部、スポーツ健康科学科 名前 櫻庭未那美 出身県 茨城県  現在の職業 NPO法人クラブ・ドラゴンズ ピンクドラゴンズ(ドラゴンズ新体操教室) コメント 私は大学で、指導者としての勉強をさせて頂きました。 新体操を続けてきたからこそ、そのまま指導者として関わりたいと大学に入学をしました。 指導

【自分らしく可能性を広げられる場所】 卒業年度 平成27年度 2015年 学部  スポーツ健康科学部スポーツ健康科 名前  小西夏生 出身県 三重県      イオン鈴鹿新体操クラブ     イオン新体操クラブ 現在の職業 studio himawari 新体操指導        新体操パフォーマー コメント こんにちは。RRG4期生の小西夏生です。 私はここの4年間で本当に多くのことを学び経